読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽけっとれびゅー

DIR EN GREYを中心にして、歌詞の解釈を好き勝手にやっていこうと思います。あと感想(・∀・)

太陽の碧

www.youtube.com

真夏の清涼剤と発売当初に俺が名づけていた爽やかでポップだけど、どことなくもの悲しい雰囲気に溢れているロックナンバーです。買いにいった日、帰りに雨に降られてずぶ濡れになったという過去があり・・・まぁそれは良いです。

 

本当この曲は色々な面において素晴らしいです。最初情感溢れるバラード風な感じに始まったかと思うとサビで爽やかな感じで転調して最後DIEの美しいアルペジオの音で締めるという感じの曲構成。

 この曲の見せ所だと思うのは2回目のサビが終わっての最後の語り部分です。「傷つけられて傷つけあって・・・」という所。ここはなんというかものすごい言っていることに説得力があるなと思う箇所。人の痛みや悲しみを知っていてそれを経験、乗り越えた人が書けて歌える最高に出来たフレーズだと思います。京は前向きな歌詞を書くのが大嫌いだと以前言っていたのでこの歌詞を書いたとき、何かが変わったのでは・・・と、勝手にそれっぽく解釈しています。MVもものすごく爽やかで綺麗、そしてそこはかとなく切ないです。一般の人に-I'll-、ゆらめきや予感と一緒に聞いてもらいたいDIR EN GREYの曲です。
 
と、いう解釈を2003年の段階ではさせてもらっていましたが2005年になってから追記します。

 

この歌詞は、京の自分自身の京都時代の最愛の人の裏切り行為に基づいて綴られている詩になっています。この背景を把握してこの曲を読むと、全く違った、痛々しい世界観を垣間見られると思います。